「発達障害の支援を考える議員連盟」は生長の家とつながっており、発達障害者の味方ではありません。

精神医学は悪魔崇拝由来で、人々を向精神薬漬けにして廃人にしようとしています。

そんななか、発達障害の支援を考える議員連盟という組織があり、副会長に「川田龍平」がいます。発達障害の方々のために日々がんばっているようにみえますが…

ーーこちらから引用ーー。

昨日の本会議で成立した「発達障害者者支援法改正法」の成立報告を超党派の発達障害障害の支援を考える議員連盟で行いました。

今回の改正で自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害を持つ方々に対して教育や就労の場面で障壁を取り除くための対応をより強力に教育機関や企業に課すようになります。

多くの法案の審議が進まずにいる中で、与野党が建設的な審議を行い成立する事が出来たのは本当にに良かったと思います。実際にこの法案が施行されてから目的に沿って機能しているか、今後も引き続きチェック行っていきます。

ーーここまでーー

発達障害者支援法とは(こちら)、以下のように早期発見して発達支援するというもののようですが、健常人と発達障害を完全に見分けられる人はいませんし、発達障害を客観的に診断する科学的な検査も無く、精神科医が使うDSMという診断マニュアルは完全なでっち上げで、いったい何を早期発見して支援するのでしょう。学校や保育園、幼稚園、地域社会に普及啓発して、数多くの児童が発達障害とレッテルを貼られて一生苦しむことになるでしょう。また薬漬けによりさまざまな問題が発生するでしょう。

本当の支援とは、発達障害はでっち上げで、精神医学はえせ科学だと世の中に広めることだと思います。対人関係が苦手な人、コミュニケーションが苦手な人、計算や読み書きが苦手な人、友人に馬鹿にされて衝動的に怒ってしまう人は普通にいます。早期発見をがんばると、多くの児童が発達障害とされてしまいかねない。発達障害を普及啓発すると、善意の押し付けで親子に病院にいくように勧めたり、薬を飲むように勧めたりする人が増えるでしょう。いい迷惑です。

発達障害者の味方を演じている川田龍平とはどのような人物でしょうか。

彼は、世界連邦日本国会委員会(下の図はこちらから)と地球環境国際議員連盟(こちら)のメンバー で、麻生太郎とつながっています。

川田龍平の母「川田悦子」は国会議員で、彼は2世議員ですが、親子そろって隠れ共産党といわれています(こちら)。共産党といえばマルクスで、マルクスといえばロスチャイルドで、ロスチャイルドといえば麻生太郎です。ここでも麻生太郎とつながります(麻生太郎の娘はロスチャイルドに嫁いでいます。また歴史的にも彼らはつながっています)。

さらに彼はLGBT推進派のようですが(こちら)、LGBTはカルト「生長の家」の宗教的な思想です。同性愛は悪魔崇拝につながる危険な行為で、人間を堕落させます。

先日のLGBT騒ぎを起こした「杉田水脈」も生長の家の信者です。LGBTを差別してわざと批判を受けて、誰もLGBT普及に反対できなくしたのですね。完全なマッチポンプです。

この生長の家は日本会議の中心になっており、日本会議の特別顧問が安倍晋三と麻生太郎ですから、川田龍平はここでもつながっています。

さらに、川田龍平とその妻「堤未果」は「一水会=生長の家」の「鈴木邦男」とつながっています。

堤未果は、東出融が絶賛していましたが、東出融とは旧皇族「伏見宮」の血筋で、麻生太郎や安倍晋三とつながっており、生長の家につながっています。

川田龍平は完全に麻生太郎や安倍晋三の仲間で、生長の家です。

彼は発達障害者の支援をしているふりをして、庶民のガス抜きをしており、かつ害になることをしているわけです。

川田龍平のやばさをこちらから引用

 そこで彼の公約のほんの一部を紹介していきたいと思います。言葉をちょっと崩させてもらうと、「川田龍平はやばいです」。

 (http://www.ryuheikawada.jp/pdf/mft76.pdf)より 全部は字数の関係から載せられませんから、興味のある方はこのアドレスからどうぞ。太字が川田氏のもので、(→以下)が私の感想です。

 【問題点】婚姻及び出生などに関して差別がある。
 【解決策】婚姻年齢を男女ともに18歳とし、選択的夫婦別姓制度を導入する。離婚時の財産分与を原則2分の1と明記し、非嫡出子に対する差別を廃止するなど、民法を改正する。

 →非嫡出子(婚姻関係にない男女間に生まれた子)の遺産は現在の民法では嫡出子(婚姻関係のある男女間で生まれた子)の半分です。これは法律婚を前提としている日本では当然です。法律婚を蔑ろにしようとしていることの方が問題です。

 【問題点】社会的・文化的な性差への偏見が根強く残っている。
 【解決策】ジェンダーフリー教育を進めるとともに、公務員へのジェンダーフリー研修を実施する。

 →彼らサヨクの頭には家族は女性を搾取するための制度だから、その解体を目指しているのでしょうが、そんなことは止めてください。ジェンダーフリー?馬鹿も休み休みに言ってください。(注;ジェンダーフリー教育も生長の家につながります)

 【問題点】アジア・中東系在日外国人、特に在日コリアン、イラン・イラク人への蔑視が根強いなどと主張されることがある。
 【解決策】すでに批准している人種差別禁止条約に基づき、差別行為を禁止するための法律を制定するとともに、法務省から独立した差別被害の救済制度をつくる。

 →要するに、「人権擁護法案」!。止めてください。在日韓国人・朝鮮人への蔑視と言いますが、あれだけ反日妄言を振り回し、暴力団構成員も多い在日韓国人・朝鮮人。パチンコ、サラ金、地上げ、風俗産業等を牛耳る在日韓国人・朝鮮人。蔑視というより、自業自得ではないかと思われますが。
 それに、法務省から独立した差別被害の救済制度とは一体?本当に被害を受けたなら、裁判所に訴えるべきです。日本人だって、被害を被れば裁判所で決着をつけることになります。なぜ、在日だけ特別の救済制度が必要なのか全くわかりません。要は、「日本人=加害者・在日=被害者」と看做して日本人を糾弾するという構図にしたい意図が見え透いています。仮に法務省から独立した救済制度を作り、そこに在日が関与することになれば、好き勝手に日本人を差別することができるようになってしまいます。

 【問題点】在日韓国・朝鮮・台湾人などの特別永住外国人の権利が不十分である。
 【解決策】在日韓国・朝鮮・台湾人などの特別永住外国人について、参政権及び公務就業権を認めるなど、日本国民と同等の権利を確立するとともに、外国人登録証の常時携帯義務や再入国許可制度など、不利益的な施策を撤廃する。

 →在日に参政権も公務就業権も認められるはずがありません。外国人に参政権を与えるなど憲法違反です。再入国許可制度を撤廃すると言っていますが、外国人の入国を許可するか否かは国家の主権(裁量に委ねられる)の問題です。

ーー引用おわりーー

彼が在日よりなのは、麻生太郎が在日だからでしょうか。

何にせよ、政治家が国会で茶番劇をやって精神医学の問題を解決する気が無いことが分かりました。彼らは向精神薬を蔓延させて人々を廃人にしたいのですから、問題を解決するはずがありません。

なお、発達障害を考える議員連盟の会長「尾辻秀久」は、日本会議(生長の家)ですし、会長代理「野田聖子」は、神道政治連盟国会議員懇談会→神社本庁・日本会議→生長の家、副会長「馳浩」は、神道政治連盟国会議員懇談会、親学推進議員連盟で生長の家です。向精神薬を蔓延させたがっている悪魔崇拝者につながっていますね。

麻生太郎と悪魔崇拝については以下の記事をご覧ください。世の中の裏側が全部分かって頭がすっきりします。

­

裏社会による向精神薬の蔓延計画が着実に進んでいます。安易に薬に頼る道が、あなたを廃人同様にします。

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

安倍晋三は李氏朝鮮の子孫でした。安倍晋三と金正恩は親戚です。

今回はRAPTさんが解き明かして下さった、「北朝鮮の金正恩は天皇家の血筋」というところから、その関係者の動画を作りました。

以前の記事に追加する形になります。

下の図は金正恩の家系図です。

拉致被害者である横田めぐみは天皇家と李氏朝鮮の王族血筋で、金正恩の母です。横田めぐみさんは拉致されたのではなく、政略結婚したということです。

金正日は大日本帝国陸軍が大陸に送り込んだ日本人の工作員である、畑中理の子供と言われています。畑中理は清和源氏の血筋で、これまた天皇家とつながっています。

さらに、金日成は日本の伊達家の人間と言われています。この伊達家は藤原北家山蔭流と言われています。ですから、北朝鮮は日本の天皇家と親戚になります。

上の家系図で、津軽藩主が出てきますが、津軽藩は清和源氏です(こちら)。

上田音吉も源氏で清和源氏と言われています(こちら)。

金日成とその息子、金正男、伊達家の伊達邦宗、伊達慶邦は似ています。

伊達家の伊達みきおと金正恩が怖いくらい似ています。また金正男も似ています。みんな伊達家の顔をしています。

次に、梨本宮方子は「李晋」と「李玖」 という2人の息子を産んでいますが、この「李晋」が早くに亡くなったと言われています。しかし、実際には安倍家に養子に出されていました。安倍晋太郎と李玖がそっくりです。安倍晋太郎はなくなったと言われている李晋であり、天皇家と李氏朝鮮の血筋になります。彼は生前自分が朝鮮人だと言っていました。

安倍晋太郎が李氏朝鮮の王族の子孫ですから、安倍首相も同じく李氏朝鮮の血筋です。さらに彼は伏見宮の血筋でもあります。

金正恩も李氏朝鮮と伏見宮の血筋です。

この伏見宮は非常に重要です。詳細はこちらをどうぞ。

麻生太郎や小泉純一郎、蓮峰、辻元清美、橋本徹、朝堂院大覚、東出融(こちら)など重要人物が伏見宮の血筋です。

日本の政治家や有名人と金正恩は親戚で、大本教、生長の家、創価学会などのカルトとつながっています。

­

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。