痛風、高尿酸結晶の原因はストレス。

高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が通常よりも高い状態のことをいいます。

尿酸が過剰になると関節などで結晶を作り、痛風と呼ばれる病気を発症することがあります。尿酸の結晶は足の親指の付け根に形成されることが多く、激烈な痛みや発赤、腫れなどの炎症反応を引き起こします。

また腎臓で結晶を作ると腎結石になります。

 

高尿酸血症は、アルコールや肉を多く摂取するといった生活習慣と密接に関連していると考えられていますが、実際にはアルコールを飲まず、肉をさほど食べない人でも高尿酸血症、痛風になったりします。

 

どうして血液中の尿酸値が上がるのか?

尿酸とは、プリン体という物質が体内で分解されてできるものです。

細胞の中には核があり、核は「核酸」という物質で構成されています。この核酸はプリン体からなっています。

高尿酸血症は、プリン体を食事で過剰摂取しているということと、腎臓の機能が弱って尿酸が排泄できないことが原因と考えられています。これに遺伝的な体質が関わって痛風が発症すると考えられています。

痛風の治療にプリン体を多く含む食品を減らし、低カロリーの食事が勧められ、痛みに対しては消炎鎮痛剤が用いられます。

痛風にかかる人には、肥満の人もいますが、やせている人もいます。肥満の人には食事療法は必要と思いますが、やせている人には不要です。

働き過ぎの人、ストレス過剰の人は、交感神経が緊張しているので、体内で白血球のうち顆粒球が増えてきます。顆粒球が増えると活性酸素の産生が増え、組織の破壊が起こります。組織破壊が進むと、修復作業が起こりますが、このとき細胞の置き換えが起こり、古い細胞の核がたくさん壊されます。これにより、核の中にあるプリン体が分解され、尿酸がたくさん出来てしまいます。増えた尿酸は腎臓から尿として排泄されますが、交感神経が緊張していると、副交感神経の働きが抑えられて排泄が滞り、血中尿酸値が上がります。

やせている人に食事制限をすると、ストレスからさらに病気が悪化します。

肥満が高尿酸血症の原因とも言われますが、どうして肥満になるのかというと、ストレス発散のために暴飲暴食になるのですから、肥満が高尿酸血症の原因ではなく、ストレスが原因になります。

食事療法や薬で高尿酸血症やその他の病気を治そうとすると、ストレスは放置されたままになりますので、交感神経の緊張はとれません。その上、薬を長期服用すると、交感神経の緊張が引き起こされますので、さらに病気が悪化しますし、ストレスが原因のその他の病気、高血圧や脂質異常症、糖尿病、緑内障などが上乗せされることになります。これは5年、10年と長期にわたって薬を飲み続けるとそうなってきます。

ストレスが病気の原因と言いますが、病院で薬をもらってもストレス発散にはなりません。多くの人のストレス源は働き過ぎ、心の悩み、薬の長期服用が原因と思います。自分のストレス源が何かを見つけて対処する必要があります。薬を飲んでも体調を悪くするだけです。