脂質異常症と言われたら・・・どうしよう。薬を飲みますか?

健康診断で脂質異常症と診断されたらどうしたらいいでしょうか。

脂質異常症とは何でしょうか。

「コレステロール値が高かったら危険?」

「コレステロール値が高いから心配だ・・・動脈硬化が心配だ・・・」

本当にそうでしょうか。

血液中の脂質には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類があります。

食事から吸収された脂質は肝臓に運ばれ、コレステロールと中性脂肪がつくられます。

脂質はそのままでは血液に溶けませんから、タンパク質と一緒に「リポ蛋白」となって血液中に存在しています。

肝臓から末梢の組織にコレステロールを運ぶのがLDLで、末梢の組織から肝臓にコレステロールを回収するのがHDLです。

肝臓で合成された中性脂肪はVLDLというものが運び、脂肪組織に蓄えられます(血液中では遊離脂肪酸となっています)

新しい作りたてのLDLコレステロールは各組織に運ばれて、細胞膜の成分や胆汁酸、副腎皮質ホルモン、性ホルモン、ビタミンDなどの材料になります。 成人の体内コレステロール量である100-150gのうち約1/4が脳に集中しており、約1/3が脳を含めた神経系に集中していますので、脳神経にとってコレステロールはなくてはならないものです。

中性脂肪は、貯蔵用のエネルギーになったり、保温や外部からの衝撃を和らげたり、内蔵を固定したりする重要な働きをしています。糖やタンパク質の2倍以上の熱量を出すエネルギー源になります。

脂質はエネルギー源ですから、意味なく蓄えることはありません。過剰なストレスが長く続くと、交感神経は緊張してアドレナリンを分泌して、脈は速くなり筋肉も収縮して硬くなります。そのため心臓や筋肉が収縮するためのエネルギーが必要になります。

また、ストレスを乗り切るためにコルチゾールなどのホルモンを造る必要がありますが、材料としてコレステロールが必要になってきます。交感神経緊張により血管は収縮して血流障害が起こるので、低体温になりますから体温を維持するために中性脂肪が必要になってきます。

ストレスを乗り切るために体はエネルギー源の脂質を蓄えるようになります。

脂質異常症と言われたら、過剰なストレスがかかっているということです。

脂質が増えすぎると動脈硬化になる危険があると考えられていますが、動脈硬化の原因は血流障害にあります。

LDLが血液の中を長く循環してコレステロールが酸化し、その酸化したコレステロールを食べ過ぎたマクロファージが、動脈壁に蓄積されたプラークをつくります。

HDLは血管や組織に蓄積したプラークを回収し肝臓に運ぶので、血流がよければ回収されます。

薬物治療や食事制限で血の巡りが悪くなる方が問題です。

食事制限をしても、コレステロールは食事には由来せず、ほとんどが体内で合成されるので、脂質を多く含む食事を取っても体内でつくられる量を減らし、血液中のコレステロールの量を一定に保つように調節されています。必要があって増えている脂質は、食事制限をしても意味がありません。太っているから脂質が多いのではなく、肥満で体を維持することがストレスになる人ほど脂質が増えています。

ストレスを乗り越えるために増えている脂質ですから、薬で数値を下げても治療にはなりません。

 また、脂質異常症の基準値はいい加減で、メバチロンというコレステロールを下げる薬が発売されると同時に、基準値が220mg/dlに変更されました。この基準値では、半分以上の中高年が異常値になります。
以前の基準値は、260mg/dl、さらにその前は300mg/dlでした。

現在は、高LDLコレステロール血症(140mg/dl以上)、低コレステロール血症(40mg/dl未満)、高トリグリセライド血症(150mg/dl以上)と分類され、境界領域もつくられていますが、患者が少なくなると基準値を下げて患者を確保しようとするのは高血圧と同じです。

ですから、脂質異常症と診断されても、基準値がいい加減でそもそも病気ではない可能性があり、仮に本当に脂質が多くてもそれはストレスが原因だから、薬で治療するのではなく適度な運動や体にいい食事をとって自分で健康を保つようにするといいということになります。

コレステロール治療薬(スタチン系)の副作用に、横紋筋融解症と認知症があります。スポーツマンのような筋肉が発達している人は筋肉(横紋筋)が壊れて、ミオグロビンというものが尿中にでて腎不全の原因となります。これは明らかな横紋筋融解症と診断できると思いますが、問題は筋肉量の少ない人、老人です。これらの人はゆっくりと副作用が出てきます。横紋筋が徐々に弱くなり、10年、15年と薬を飲み続けているうちに、足が衰え歩けなくなっていきます。年をとったから歩けなくなったと思うかもしれませんが、副作用の可能性もあります。これは老化による寝たきりと区別がつきません。これを薬を処方している医師がどれだけ意識をしているかわかりません。

また、コレステロールが脳神経にとってはなくてはならないものですが、コレステロールの合成を薬で抑えると、脳神経に必要なコレステロールが足りなくなる可能性があります。ですから、副作用に認知症があるのではないでしょうか。これもどれだけの人が薬で認知症になっているかわかりません。年をとったらボケたのか、薬の副作用でボケたのか判断出来るのでしょうか。

 

動脈硬化の原因は、高血圧でも脂質異常症でもなく、血流障害による新陳代謝の低下にあります。血流がよければ動脈硬化にはなりません。ですから、水分と塩分をしっかり取って、体にいい食事をして、適切な運動をする。ストレスをなくす。薬の長期服用は避ける。こうしたら、何の心配もいらないと思います。

コレステロールについてwikipediaより抜粋。

ヒトのあらゆる組織の細胞膜に見出される脂質である。ヒトを 始めとした哺乳類においては、コレステロールの大部分は食事に由来するのではなく、体内で合成され、血漿に含まれるリポタンパク質と呼ばれる粒子を媒体として輸送される。コレステロールはそれを生産する臓器や細胞膜や小胞体のような膜組織が密集している細胞で構成される臓器、たとえば肝臓、脊髄、脳に高濃度に分布している。成人の体内コレステロール量である100-150gのうち約1/4が脳に集中し、約1/3が脳を含めた神経系に集中している
コレステロールは細胞膜の構築や維持に必要で、広範囲の温度帯で膜の流動性(粘性度)を安定にする働きがある。いくつかの研究によるとコレステロールは抗酸化剤としての作用を持っている
コレステロールは(脂肪の消化を助ける)胆汁酸の産生も助けている。
ビタミンADEおよびKなど脂溶性ビタミンの代謝にも重要な役割を果たしている。
そしてコレステロールはビタミン以外にも色々なステロイドホルモン(コルチゾール、アルドステロンなど副腎皮質ホルモンやプロゲステロン、エストロゲン、テストステロンや誘導体など性ホルモン)の合成の主要な前駆体である。
抜粋終わり

24時間血圧計

今日、絵を描きながらラジオを聴いていたら、「24時間血圧計」というもののCMが流れていてびっくりした。

24時間血圧測るっていったい・・・?

そんなものつけて、一日中血圧気にして生きていたら、ストレスで血圧があがるんじゃないか?

熱心に健康診断を受ける人のほうが早死にするという研究データがあるけれど、あれこれ健康に気を遣いすぎてストレスで早死にするんじゃないでしょうか。

以前も書いたけれど、血圧は体の反応性変化だから血圧が高いときは体にとってその血圧が必要だからそうなっているのでは。ストレスを乗り越えるために血圧が上がっているのではないですか?あるいは末梢の血管が細くなっているから体の隅々まで血液を送るために血圧を上げているのではないですか?

高血圧と言われても薬を飲まずに、体にいい物を食べて、適度に運動して、あとはストレスの原因を見つけてそれに対処すればいいだけだと思います。

薬を飲み続けることが、そもそもストレスになりますし、何度も薬をもらいに病院に通うのも大変です。ドクターズルール425という本に、「可能なら全ての薬を中止せよ。それが不可能なら、できるだけ多くの薬を中止せよ。」、「4種類以上の薬を飲んでいる人は医学の知識を越えた領域にいる。」と書かれています。

複数の薬を長期間飲み続けると、それこそ病気になるでしょう。

バラの根頭癌腫病と人の癌がそっくりなことについて。

春に購入したバラの苗がすくすくと育って、またつぼみをつけ始めた。新苗だから今年はつぼみを摘心して株を育てることを優先する。

バラをキチンと育てるために、バラの病気について調べたところ、興味深い病気を見つけた。

その名も根頭癌腫病。有名な病気なので特別に取り上げるほどのものではないかもしれないが、この病気が人間の癌に驚くほど似ている。

根頭癌腫病は、根や地際茎部、接ぎ木部で、表面がごつごつした大小さまざまなコブを生じる。コブは始め白色であるがしだいに乾固して黒褐色のざらざらしたコブとなり、崩壊する。侵された株は周囲の株に比べて生育が若干劣るため、次第に競争に負けて枯死する。

病因菌は、アグロバクテリウム(Agrobacterium tumefacience)。なんと細菌感染。

バラ以外にもさまざまな植物に感染し、植物の栄養を奪い元気をなくさせる。実付、花付が悪くなる。

腫瘤は年々増大し、感染した植物は余病を起こしやすくなる。

樹の生長の旺盛なときに、癌腫の発達も旺盛になる。

癌腫病は、病因菌を除去しても治らない。アグロバクテリウムは腫瘤の表面近くにいて、腫瘤の中にはいない。

発病株は全身が汚染している場合が多く、汚染株を刃物で切ったり、スコップなどで掘り起こしたりすると、こうした道具に付着して、他の健全株の切り口などを次々に汚染する。土壌も汚染されており、他の植物に感染する。

凍害が発病の誘因となるため、凍害を受けやすい冷涼な栽培地や若木での被害が多い。

ウィキペディアより抜粋すると、

アグロバクテリウムはTiプラスミド(pTi: Tiはtumor-inducingの略)と呼ばれる巨大なプラスミドを有しており、その一部であるT-DNA(transfer DNAの意)と呼ばれるDNA断片を植物細胞に注入し、T-DNAは相同組み換えにより植物細胞のゲノムに挿入される。

T-DNAは植物ホルモン(オーキシンとサイトカイニン)を生成する酵素の遺伝子あるiaaM(tms1), iaaH(tms2), iptZ(tmr)を含み、これらによって生産される大量のオーキシンやサイトカイニンにより腫瘍(A. tumefaciensに特有)が形成される。またT-DNAはオパイン (オピン: Opine) と総称される特殊なイミノ酸(アグロバクテリウムは炭素源や窒素源として代謝できるが、他の細菌はほとんど利用できない)を植物に作らせる酵素をコードしている根粒菌などの窒素固定細菌とは異なりA. tumefaciensは寄生細菌であって、植物にとって利益はない。このA. tumefaciensの性質は「植物に対する遺伝的植民地化」とも喩えられる。

以上、抜粋終わり。

つまり、自然界で遺伝子組み換えが起こって発症し、腫瘍は病原菌がいなくなっても増殖し、罹患植物の栄養を奪い続ける。

また、この病気は転移する。

凍害が発病の誘引となるが、人の癌に対しても冷え性はよくないと言われている。

人間の癌に本当によく似ている。

アグロバクテリウムは、土壌病原菌なので自然界では非常に弱い存在です。有用菌がたくさんいると、アグロバクテリウムは生存競争に負けて駆逐されます。

腸内細菌と癌との関連が言われていますが、もしや正常な腸内細菌によりアグロバクテリウムが駆逐されているだけ?

根頭癌腫病の治療は、もちろん抗がん剤は使いません。腫瘤を取り除き、削った箇所に木酢液原液を塗ります。
木酢液原液の強烈な殺菌効果を利用して治療します。
付着している癌腫菌を除菌と、削った跡から癌腫菌が入り込まないようにします。

その後は、木酢液100~200倍を定期的に灌水します。

 

人の癌が抗がん剤では治らないのに、自然治癒があります。癌という疾患概念が根本的に間違っているのではないでしょうか。

減塩すると力が抜ける。塩抜きの刑。

高血圧や腎不全の治療に減塩があります。
どうして塩分が高血圧の原因とされてしまったのか。以下、引用します。

米国の医学者L.K.ダールが1950年代に日本を訪問し、鹿児島から青森までの1人当たりの食塩摂取量と高血圧や脳卒中(出血)の関係を調べた。その結果、当時1人1日平均約14グラムの塩分を摂取していた鹿児島の人たちに比べ、約28グラムを摂取していた秋田や青森の人たちの高血圧や脳卒中の罹患率が格段に高く、塩分=「高血圧・脳卒中の原因」という図式が確立された。これを受け青森・秋田から減塩運動が始まり、全国に広がっていき、今では「1日の塩分摂取量は10グラム未満が望ましい」とされている。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2016/01/post_13168.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

この研究では、鹿児島と秋田や青森の人たちで比較されていますが、居住環境が全く異なります。秋田や青森は寒く、当時は肉体労働が機械化されていなかったので、過酷な条件の中で、肉体労働をしていました。ですから、体を温めて脈を増やし、血圧を上げて血流を維持して仕事をしなければならなかったのです。過酷な環境を乗り越えるために、ご飯をたくさん食べ、塩っぱい漬け物で栄養をとらなければならなかったのです。本当に塩分が高血圧、脳卒中の原因かどうか調べるには、同じ環境にすんでいる人で比較しないと分かりません。

塩をとらないとどうなるのでしょうか。以下、また引用です。
1930年代に、アメリカのテイラー医博が「塩抜き」の食事を続けて、自分自身で人体実験をしたところ、以下の結果から中止を余儀なくされたという。

・3~4日目=食欲低下、冷や汗
・5~7日目=名状しがたい全身倦怠感
・8~9日目=筋肉の痙攣が止まらず、実験中止

「塩」の効能についてまとめてみると、

(1)鹹味(かんみ)=塩味を出す
(2)殺菌力がある
(3)旨みを出す…肉や魚の身を引きしめる

のほか、

(4)体液の浸透圧を一定に保ち、水分の代謝や体液のPHを維持する
(5)神経の興奮の伝達に関与する
(6)筋肉の収縮作用に必須
(7)胃液、腸液、胆汁などの消化液の原料
(8)体内の有毒物質の解毒

などがあげられる。よって塩分不足は、新陳代謝の低下(体の老化)、食欲減退、筋肉の痙攣、心臓の収縮力の低下=血圧低下(脱力感、倦怠感)などを引き起こす。

以上、引用終わり。

ここに挙げられている症状は、低ナトリウム血症によるものです。
低ナトリウム血症の症状に、虚脱感や疲労感、精神錯乱、頭痛、悪心、食欲不振、痙攣、昏睡などがあります。
ナトリウムは尿や汗から排出されます。塩分の摂取を減らすと、最初は排出の方が多くなり、体内のナトリウム量は減ります。そのうち塩分摂取量と排出量が調節されますが、塩分の補充をせずに水分の補充をしていると、やはりナトリウムの欠乏が生じます。
さらに、高血圧の治療で使われる利尿剤を飲むと、体内の水分が減り、ナトリウムも相対的により失われ、低ナトリウム血症になります。
このように高血圧の治療は、どこまでも間違っていると考えられます。

また、江戸時代の拷問やシベリア抑留の収容所で、「塩抜きの刑」というものがあったそうですが、食事から塩を抜かれると、収容された人たちの元気がなくなり、バタバタと倒れていったそうです。
減塩とは、「塩抜きの刑」と同じようなものです。真綿で首を絞めるようにじわじわと殺されているのではないでしょうか。

WHOでは成人の減塩目標を 5g にしていますが、果たしてどうでしょうか。
日本人は一日 13g 程度塩分を摂取しているようですが、長寿国です。
おいしくない減塩食で健康を害するよりも、おいしいと感じられる程度に塩分をとって、健康に生きたいものです。脳は必要な塩分摂取量を知っています。おいしいと感じる食事が健康にいいのです。減塩ではなくて、おいしいと感じる程度に塩分をきちんと取りましょう。

入院した人が減塩食を食べて、すぐにふにゃふにゃになっていませんか?減塩すると力が抜けてしまいます。高級な塩でなくても普通の塩で十分ですので、お金をかけず賢く健康になりましょう。

皆さんがおいしい食事を食べて、健康に生きられますように。
皆さんに神様のご加護がありますように。